モンドセレクション最高金賞受賞バームクーヘン!★お取り寄せレビュー

バームクーヘン
バームクーヘンが食べた〜い!!!
バームクーヘンって、思い立ったら無性に食べたくなりませんか?
もーどうしようもなく・・・・・・・・。
そこで、お取り寄せをしようと、ネットで調べてみました。各社いろいろあるんですね。でも、当然のことながら外観や中身に到るまで、バームクーヘンって、あまり比べようがないんですよ。み〜んな同じように見えます。たくさんあるバームクーヘンの中から、いったいどれを選べばいいのでしょう・・・?


バームクーヘン選びに大事なこと
みな同じに見えるバームクーヘンですが、実は選ぶのに外せない大事なポイントがあります。それは、生地の詰まり具合と固さ。むかしながらのバームクーヘンは、生地がしっかり詰まって硬めですが、近頃は空気をたくさん含ませた、ふわふわ柔らかいものが人気です。
このふたつの見た目はほとんど同じですが、実は味も食感もぜんぜん違います。だから、このポイントを気をつけないと、自分好みのバームクーヘンと似て非なるものを食べることになってしまいます。


ずっしり硬いものが食べたい気分
このときの私の気分は、しっかり固めのものだったので、「ふわふわ」とか「やわらかい」ではなく、「固い」「どっしり」と表現されているものを探してみました。こんなとき役に立つのが、それを食べた人のレビューです。楽天市場などには必ずレビューがあるので、それらを読みながら自分なりにイメージを作っていきます。

そこで見についたのが、この”熟成バウム「のこぎり山」”。2006年モンドセレクション最高金賞という立派な王冠まで付いてます。でも、問題がひとつありました。このバームクーヘンは他社のものに比べて、小さいこと。この大きさだと一瞬にして食べてしまう。そんなの物足りない!と、考えあぐねて時にタイミング良く、焼いたときにできる「きれはし」とセット販売されたお得な商品を見つけました。迷わずそれを注文!(画像左のビニール袋に入っているのが切れはし。右のお皿に盛った画像も切れはしです。6切入ってました。堪能♪)


切れはしと本体の違い
きれはしと本体とでは、微妙に味と固さが違っていました。きれはしとは、長いロールで焼いた両端の部分。火に当たる割合が大きいせいか、水分が蒸発してよく詰まってます。そのぶん味も濃厚で、サクサクとした歯触りがなんとも言えません。ちょっと病みつきになりました。
それに比べて、本体の方は少しソフトで(と言っても固いタイプですが)しっとり感があります。きれはしに比べると、味も上品でおすまし感があります。まったく同じ配合の、同じ生地なのに、火加減や空気に触れる量などで微妙に変わってくるなんて、卵と小麦粉でできたお菓子の魅力そのものです。シンプルだけに違いが分かりやすい。そして、どちらかを選ぶなんてできません。次回もきっと両方を買ってしまうでしょう。


ライン
矢印見波亭
http://www.rakuten.co.jp/minamiteiホームページ
千葉県富津市金谷2288
0439−69−2161
熟成バウム「のこぎり山」3山矢印
濃いたまごの風味そのままの濃厚ずっしり満足な味わい。
価格1,155円(税別・送料別)
ライン








関連する記事