神戸岡本モンロワールのおいしい生チョコ★お取り寄せレビュー

モンロワール
神戸の有名な生チョコのお店
生チョコが店頭に並びだしたのは、15年ほど前でしょうか? 出始めの頃はお披露目の意味で、デパートなどではよく試食のサービスがありました。板チョコ好きの私には生チョコのクリーム感が少し頼りなく感じ、あまり興味を持ちませんでした。

それから、しばらくしてデパートの催事で北海道のお菓子メーカーROYCE'(ロイズ)と出会い、あらためて生チョコの美味しさに開眼してしまったのです。それからの私の中では、生チョコ=ロイズという感じでした。そんなとき、みんなのおすすめで masakoさんにモンロワールという神戸のチョコレートショップを教えていただき、厚生大臣賞を受賞した生チョコと知ってすごく興味を持ち始めました。そのうえ、少し前にTV放映された、阪神大震災のドラマの劇中で「モンロワール」の逸話があったことを知り、私の中のモンロワールへの期待感は怪物化していきました。


新鮮な抹茶のおいしさが詰まった抹茶生チョコ
いよいよモンロワールとの出会いがやってきました。実家の大阪に帰ったときに、家族に元町のモンロワールで買ってきてもらえたのです。もう嬉しくて、嬉しくて。リボンのついた包みに心が踊ります。

さて、肝心のお味ですが、正直なところプレーンの生チョコの方は、とくに新鮮な驚きはありませんでした。というのも、食べ慣れたロイズと変わらない。でもロイズと似た味、というのではなく、同じレベルの美味しさということです。

次にモンロワールの自信商品である抹茶生チョコを食べてみることに。抹茶の生チョコを食べるのは、これが初めて。ホワイトチョコに練り込まれた抹茶は、マイルドな中にほのかな苦みが残り、両方の美味しいとこだけ残した感じ。抹茶の新鮮さが見事にいかされてます。今後帰省した際には、この抹茶味を欠かさず買いそう♪。

※この後、ロイズの抹茶生チョコを食べる機会がありました。こちらは、抹茶の風味が弱く、抹茶のおいしさがストレートに伝わらない。だから、抹茶生チョコに関しては、モンロワールの圧勝!


今では関西の名物生チョコに?!
あとになって分かったのですが、モンロワールの生チョコは、わざわざ神戸方面まで行かなくても、新大阪の土産物売場にだって、大きなターミナルの売店(キヨスクではない)にだって置かれているのです。びっくり&がっくり。いまや関西の名物的存在なんですね。


ライン
矢印monloire(モンロワール)
http://www.cheesecake.co.jpホームページ
神戸市東灘区岡本1-11-20
TEL 0120-232-747
生チョコレートギフトBOX矢印
こだわりのチョコレートと
リキュールの配合の生チョコレート。
■ 価格1,260円(税別・送料別)
ライン